Zero to Darwin Project
NEWS
ZDP SHOP
パーツ販売
Wiki
BBS/LINK/EVENT
メーリングリスト
SOLAR-PAL
ZDPの歴史





WSC2013、何が勝負を分けたのか?

創刊号:Tokai Challenger2013特集。

2011年仕様を解説。

カラー6PでTokai Challengerを図解。

2009 年優勝を獲得した早さの秘密を、解き明かす。

カラー8PでTokai Challengerのテクノロジーを図解。



BrainSport関連ニュース募集中!

www.zdp.co.jpでは、掲載するソーラーカーやWEM等のBrainSport関連ニュースを募集しています。大会情報、レポート記事、パーツ販売詳細等々お寄せください。連絡はフォームからどうぞ。記事に関するご意見ご感想も、お待ちしています。

本サイトで取り扱う、BrainSportと呼ばれる競技を目的としたソーラーカーやEV(電気自動車)エコ ランは、競技目的のみに設計・製作され、競技の為にエネルギーを使用する為、直接的には地球環境にやさしくありません。しかし、この競技に参加する過程で知る事となる、省エネルギー技術の難しさと面白さは、環境問題に取り組む現役の、将来のエンジニアに必要な経験であると、私たちは信じています。本サイトは、この事を一人でも多くの方に知ってもらうために、有志によって運営されています。

WebチャットZDP TALK(最終更新日: 2017/05/11(木) 16:24 ) - Wiki/BBSとみんな で作るLINK/EVENTカレンダ (最終更新日: 2018/07/11(水) 00:35 )

Facebook&Twitter

 2018WEM 本戦 2018/05/05 16:00

2018WEM本戦。午前中、まぶしい程の晴天に恵まれた大潟村ソーラースポーツラインだったが、風はこの季節らしい冷たさ。午前中に行われたエコノムーブ・ライト部門のレース後の午後1時、気温13度・南の風4mのコンディションで、鉛電池・燃料電池部門の2時間本戦がスタートした。

20180505 - 2018 WEM Day2

1周目、ZDP/Tachyon、first step AISIN AW/つばさ54号、東郷アヒルエコパレーシング/Pursuiter、チーム”ヨイショット!”ミツバ/アルティメイト テスラ’18の4台が、ほぼ横並びでコントロールラインに現れる。2周目以降、この先頭集団は徐々にばらけ始め、先頭を争うTachyonとつばさ54号は、ほぼ変わらぬペースの、7分40秒程度のラップで抜きつ抜かれつの状態。そこから少し遅れた、Pursuiterは、8分丁度前後のラップタイム。さらにその後ろをミツバのテスラ、TeamENDLESS/リボンGo!が続く。

スタート後、空は徐々に雲が増え始め、レース半ばのスタート1時間頃には、青空も多少見えるがほぼ曇り空に。この頃になると、Tachyonとつばさ54号の間も、徐々に間が開き始める。

レース時間残り40分、この時点で4位を走行していたリボンGo!は、ついにTachyonにコントローライン通過後にラップされる。トップのTachyonとつばさ54号の差は、48秒まで広がった。
残り30分、3位を走っていたPursuiter、は11周を終えた後の折り返しコーナー途中にて、リヤパンクでストップ。
残り15分、各車ラップを徐々に落とす中、Tachyonは8分前後をキープ。一方つばさ54号は、10分代までラップタイムを下げてしまい、両者の差は3分30秒以上となってしまう。
残り10分、Tachyonは、8分8秒のラップタイムで14周目のコントロールラインを通過。15周目へ向かう。
残り3分、つばさ54号が14周目のコントロールラインを通過。しかし、ラップタイムは12分台へさらにスローダウン。
残り2分、Tachyonは16周目へ突入。残り二分でどこまで走ることができるのか?そして、スタート後2時間の、レース終了を迎えた。

優勝はZero to Darwin Project/Tachyon。15周91,694.80mの記録で、Zero to Darwin Projectとして通算9勝目、Tachyonとしては6年ぶり5度目の優勝となった。2位つばさ54号(14周)、3位にはトップ争いには絡まず自分のペースを守り走り続けたTeamEVF/F05(12周)。アルティメイト テスラ’18は、パンク等のトラブルは無かったが、序盤のオーバペースによる電欠で、終盤大きくペースを落とし、4位リボンGo!(12周)、5位東海大学(12周)に続いての6位(12周)という結果に終わった。(s)

関連リンク:
WEM2018 WORLD ECONO MOVE - バッテリーで走るエコランレース http://wgc.or.jp/WEM/18WEM/
秋田工高が5連覇 大潟村「ワールド・エコノ・ムーブ」|秋田魁新報電子版
省エネエース「WEM」、県内外から49台 大潟村で開幕|秋田魁新報電子版

 2018WEM 公式練習 2018/05/04 15:30

2018ワールド・エコノ・ムーブ初日。本日は午前に車検、午後に公式練習が行われた。

朝方の雨が止んだ後、午前中は再び雨は降ることもなく、空には青空が見え始めた。車検が始まる頃には、路面は、ほぼドライコンディションへ。気温13度、南西の風4mの晴天のコンディションの午後1時、2時間の公式練習は予定通りスタートした。

20180504 - 2018 WEM Day1

序盤からレースをリードしたのは、ZDPのTachyon。8分を切るペースでトップ1周目からトップを渡さず。チーム”ヨイショット!”ミツバのアルティメイト テスラ’18は、スタートが切れず、結局トップ集団と1周遅れでのスタートとなった。2位を走行していた東郷アヒルエコパレーシング/Pursuiterは、スタート後45分でfirst step  AISIN AW/のつばさ54号に抜かれ、3位に後退。しかし、レース半ばの残り1時間で、つばさ54号はパンクでコース上にストップ。この時点で4位まで順位を追い上げていたミツバは、3位へと浮上した。

当初気になっていた天候は、レース前半は晴れて青空も見えていたが、残り1時間で空に雲が目立ち始め、残り30分で、ぽつりぽつりと雨が降り始めた。
そして残り20分、南寄りの風が一気に強くなり、大粒の雨がコースへとたたきつけられるように降り、路面は瞬く間にウェットへと変わる。雷鳴も轟く中、各車コントロールライン通過後、続々とピットレーンへ向かい、停車し、今日の走行を終える。残り5分、雨は殆ど上がったが、路面は完全にウェットのままでコースに戻る車両もなく、2時間の公式練習は終了した。

本日の公式練習の結果は、トップTachoyn(13周)、2位Team ENDLESS/リボンGO!(12周)、3位Purusiter(12周)、4位ミツバ/テスラ(11周)、という結果になった。
明日の天気予報は曇り。明日の本戦は、本日と同じ午後1時にスタートする。(s)

関連リンク:
WEM2018 WORLD ECONO MOVE - バッテリーで走るエコランレース http://wgc.or.jp/WEM/18WEM/

2018WEM キムヒデ車検レポート 2018/05/04 17:00

いやぁ、みんな元気かい?

昨年は、いろいろと忙しくなって大潟村に来られず、大会レポートを書けずにいました。秋田といえばキムヒデレポート発祥の地。ということで?、2年ぶりのキムヒデレポートをはじめますよー。

>>>続き


 ソーラーカー関連書籍データベース2013 2013/09/17 00:00

2004年1月10日に、ソーラーカーについて書かれた本についてまとめましたが、ひさびさに最新情報に更新します。左側は本の表紙の画像、右欄はタイトル、著者、コメント、キムヒデポイント、出版社、ISBNナンバー、発行日の順となっています。なお、★のキムヒデポイントはソーラーカー競技に携わる人にとって、面白いかどうかという観点からつけています。ここでは、ISBNブックナンバーがあるものを紹介しています。雑誌、書籍等の中で紹介されている例もありますが、書籍としてソーラーカーを取り扱ったものを対象としました。(k)

>>>続きを読む

レーシングソーラーカー入門


『レーシングソーラーカー』
彼らは、太陽の光を力にして誰よりも速く走るために、生まれてくる。

>>> レーシングソーラーカー入門

EVエコラン入門


地球温暖化対策として、今再び注目を集めるEV-電気自動車。
その技術的課題に対して、エンジニアとして挑み、そして楽しむ競技、『EVエコラン』とは?

>>> EVエコラン入門

Google
Web www.zdp.co.jp

 


▲TOPへ戻る


Copyright © 1995-2018 Zero to Darwin Project All rights reserved.
当サイトに含まれる画像・PDF等の無断転用を禁止します。
当サイトに関するお問い合わせ、写真貸出しのお問い合わせはフォームからお願いします。