Zero to Darwin Project
NEWS
ZDP SHOP
パーツ販売
Wiki
BBS/LINK/EVENT
メーリングリスト
SOLAR-PAL
ZDPの歴史

 BackNumber〜2010鈴鹿5-8耐第1ヒート  

鈴鹿2010 8耐第1ヒートを振り返る

2010/07/31 23:00


7月31日(土)17:00、8時間耐久レース第1ヒートが終了しました。このレースを振り返ってみましょう。

>>>続きを読む

鈴鹿2010 8耐第1ヒート 芦屋大がリードを守る 2010/07/31 18:30


FIA ALTERNATIVE ENERGIES CUP 『DREAM CUP ソーラーカーレース鈴鹿2010』 8耐久第1ヒート(4時間)。
天候は、前半、雲が日射を弱め雨がぱらつく程度の崩れはあったが、それ以上悪くなる事はなく、特に後半はおおむね日射に恵まれた展開となった。

総合トップは、スタートからリードを築いた芦屋大が、最後までポジションを守りきり、55周で今日のチェッカーを受けた。一時は1'30秒程度離されていたOSUは、終盤、芦屋大をテールtoノーズまで追い詰め、明日を見越した同一周回の47秒遅れで、2位。3位は、オーストラリア用のミシュランタイヤを、無事最後まで持たせたNuon(52周)。Auroraはそれにつける4位(50周)で、明日の一波乱を狙う位置につけた。

CHALLENGEクラストップのTeam MAXSPEEDは、5位(44周)。但し、同一周回には6位柏会、7位堺市立、1Lap差で8位バカボンズ、9位紀北工高がつけている。

ENJOY IIクラスは、優勝確実と思われていたOLYMPUSが、レース中盤に第2コーナーで他車と接触。左フロントサスペンションを破損し、ピットに戻り40分の修理の末、再びコースに復帰するが、これで優勝争いから脱落。この間にトップに立ったパンダサンが、レース終盤の消耗戦を守りきり、39周の記録でクラス優勝を果たした。ENJOY IIクラス2位は、若葉会(38周)、3位に最後にコントロールラインに車を止め、逆転されてしまった神奈川工科大(36周)が、入賞した。(s)

20100731 - SUZUKA 2010 Day1

OLYMPIA/DREAM/CHALLENGEクラス 8時間耐久 第1ヒート結果
順位 No. クラス チーム名 車名 周回数
1 5 DREAM 芦屋大学ソーラーカープロジェクト(A) 芦屋 Sky Ace TIGA 55
2 1 DREAM OSU 大阪産業大学 OSU model S' 55
3 3 DREAM Nuon Solar Team Nuna5 52
4 12 DREAM AURORA VEHICLE ASSOCIATION AURORA 101 50
5 21 CHALLENGE Team MAXDPEED Flat Out 44
6 25 CHALLENGE 柏会 MUSASHI 44
7 26 CHALLENGE 堺市立堺高等学校 科学部 SCIENCE710 44
8 28 CHALLENGE バカボンズ SCARBAEUS 43
9 27 CHALLENGE 紀北工業高等学校 生産技術部 KIHOKU SOLAR 43
10 003 OLYMPIA 芦屋大学ソーラーカープロジェクト(B) 芦屋 Sky Ace QUAD 42

ENJOY II クラス 4時間耐久 結果
順位 No. チーム名 車名 周回数
1 72 パンダサン TECHNO RAPTOL X 39
2 73 若葉会ソーラーカープロジェクト WAKABA-GO 38
3 62 神奈川工科大学ソーラーカープロジェクト AIOLOS 36
4 51 OLYMPUS RS ORS-11 32
5 58 HALクラブ HAL SUCCEED XII 32
6 68 愛知工科大学ソーラーカー部 AUT2010 31

鈴鹿2010 8耐第1ヒート スタート前コメント

2010/07/31 14:00


7月31日(土)13:00、8時間耐久レースがスタートしました。スタート時の様子を順不同でレポートします。

>>>続きを読む

鈴鹿2010 8耐第1ヒート スタート 2010/07/31 13:30


サーキットに設置された温度計が36度を超える中、8時間耐久第1ヒートは13:00にスタート。

フロントローからオープニングラップをとり、そのまま4分10秒前後のタイムでレースをリードするのは芦屋大。それに続くOSU、Nuon、Auroraも4分30秒を切るラップで続き、コース上の他車を、瞬く間に周回遅れにしてしまう。

芦屋大は、右フロントホイールカバーが外れるが、ピットには戻らず、そのまま走行を続ける。

このままのラップでは、どのチームもタイヤの摩耗が気になるところだが、スタート時には青い空も見えていた鈴鹿だが、30分を経過して、雲が覆い始めている。(s)

鈴鹿2010 8耐第1ヒート 順位予想

2010/07/31 10:00


池上、木村、Sが、8耐第1ヒートの順位を予想します。

>>>続きを読む


▲TOPへ戻る


Copyright © 1995-2010 Zero to Darwin Project All rights reserved.
当サイトに含まれる画像・PDF等の無断転用を禁止します。
当サイトに関するお問い合わせはこちらから。