Zero to Darwin Project
NEWS
 ZDP SHOP
パーツ販売
 Wiki
BBS/LINK/EVENT
 メーリングリスト
SOLAR-PAL
 ZDPの歴史

 BackNumber〜2013鈴鹿


2013 Ene-1 GP SUZUKA KV-40 2013/08/04 18:00

2013 Ene-1 GP SUZUKA。KV-40チャレンジは、充電式単三電池:EVOLTA40本をエネルギーとして、鈴鹿サーキット国際レーシングコース1周(5.807km)のタイム計測を3回実施。合計タイムが最も少ない者が勝者となる、EVエコランレース。

今年は75台がエントリー。本日の天候は、晴れ間も見られるが、昨日よりは風も弱く、空も曇りがちで、湿度が高く蒸し暑いコンディション。

計測1回目は、09:45開始。各車順々にコントロールライン手前からスタートし、ラップを計測。トップは、No.3アヒルエコパレーシング東郷6"11.824、昨年優勝のNo.6チーム”ヨイショット!”ミツバは、回生ブレーキをかけたタイミングでブレーカーが断。ブレーキディスクから火花を散らしながらハンドブレーキで減速というアクシデントに見舞われながらも、6'23.502のタイムで2位。3位No.41飯田OIDE長姫工高原動機部6'43.211、4位にNo.8ちーむSBR6'56.789。一昨年の初回大会優勝のNo.5四十雀は、2コーナー立ち上がりでスピンしストップ。再スタートを切るが、タイムロスで9'06.759の記録となり、優勝争いから早くも脱落。


計測2回目、午後一番の一日で最も熱い時間帯の13:15スタート。各チームのタイムは、チーム”ヨイショット!”ミツバ6'14.439、アヒルエコパレーシング東郷6"18.571、四十雀6'28.250、ちーむSBR6'40.618と、今回は各車無事に、タイムを記録。

計測3回目、日もだいぶ傾いてきた16時スタート。アヒルエコパレーシング東郷6'11.970、、MCJ68 6'27.677ちーむSBR6'43.7107、チーム”ヨイショット!”ミツバは今回もブレーカーが落ち、6'56.563。四十雀もブレーカが落ちてしまい11'23.415と振るわず。

以上3回のタイムを合計し、今年の総合優勝は、アヒルエコパレーシング東郷、2位チーム”ヨイショット!”ミツバ、3位ちーむSBRという結果になった。(s)


Live streaming video by Ustream

20130804 - 2013 Ene-1 GP SUZUKA

関連リンク:
2013 Ene-1 GP SUZUKA 大会公式サイト http://www.suzukacircuit.jp/ene1gp_s/
アヒルエコパレーシング東郷チームが総合優勝 - トーチュウF1EXPRESS
電気自動車75台出走 : 三重 : 地域 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
次世代自動車レース 「Ene−1」 中学生チーム参戦 - 47NEWS(よんななニュース)
三重県・鈴鹿サーキットで今年も開催された「2013 Ene-1 GP SUZUKA」- マイナビニュース
電気自動車、鈴鹿を疾走 エネワンGP:三重 - 中日新聞(CHUNICHI Web)
「充電式エボルタ」を動力にした次世代エネルギーカーイベント「2013 Ene-1 GP SUZUKA」開催 - MSN産経ニュース
Orange Wary Tech' diary http://ameblo.jp/team-waruihito-ev/

鈴鹿2013 ZDPチーフエンジニア池上の「今年の注目ポイント」 2013/08/03 21:00


毎年恒例、ZDPチーフエンジニア池上が、今年もエンジニア的視点から各参加車の注目ポイントをピックアップしてみました。(i)

>>>続き

鈴鹿2013 5時間耐久はOSUが連覇 2013/08/03 18:00

FIA ALTERNATIVE ENERGIES CUP ソーラーカーレース鈴鹿2013。今年はレギュレーションの変更により、総合優勝を争うドリームクラスでは、これまでシリコン系と同面積の搭載が許されていた化合物系太陽電池の面積が半分に制限された。その為、共に化合物系太陽電池を搭載し長年ドリームクラス/総合優勝争いを繰り広げているOSUと芦屋大が、シリコン系に太陽電池に戻しての勝負となった。

ピット前にENJOYクラスの車両保管が残る12:00、5時間の耐久レースはスタートした。昨日ブレーキトラブルで納得のいくタイムを残せず5列目からのスタートとなった芦屋大TIGAは、1周目からプッシュ。フロントローからスタートしたOSUをかわし、最初にホームストレートに姿を現した。しかし、OSUもそのまま引くことは無く3Lap目には、逆転。その後も2台はテールtoノーズでのバトルを続け、レース序盤は、抜きつ抜かれつの展開が続いた。スタート時、MPPTのトラブルでグリッドに並べず、ピットに留まったままだった鈴鹿高専は、スタートから遅れるとこ25分後で、ピットからのスタートを切った。

スタートから1時間後、オリンピアクラスのトップを走っていた芦屋大Bチーム/Quadが、最終コーナーを抜けた後のホームストレートのど真ん中で、突然停止。止まった場所も危険で、ピットが近いこともあり、そのまま、オフィシャルにより手押しでピットまで搬送された。原因は、モータ側軸受けの破損。通常、搬送後のコースへの復帰は、レギュレーション上問題はあるが、今回はFIAの許可を得て、レースへと復帰した。このモーターの軸受けトラブルについては、レース終盤、同じオリンピアクラスの大阪工業大にも発生した。

レース開始2時間、上位4チームの性能が拮抗するチャレンジクラスでは柏会が、ドリームクラスではOSUが、それぞれペースをあげ、同クラスでのライバルとのマージンを築きにかかる。

チャレンジクラス2位のTeamMAXSPEEDは、レース開始後2時間30分で、ルーティンのピットインを行い、ドライバー交代のみでコースへ復帰するが、その直後にパンクに見舞われてしまう。予定外のピットインで、タイヤを交換しコースへ復帰するが、このアクシデントでさらにトップとの差が広がってしまう。

レーススタートから3時間後、OSUが、ルーティンのピットイン。ドライバー交代と前輪のみのタイヤ交換を実施。それまで築いたマージンにより、芦屋大TIGAにトップを譲ること無く、コースへ復帰。対する芦屋大TIGAは3輪でタイヤに厳しく、すでに1回のピットインを済ませているが、この後さらにもう1回のピットインを予定していた。

そのマージンを稼ぐため、芦屋大はペースを上げ、OSUとのギャップを7秒差までつめ、レース時間残り1時間で、2度目のピットイン。このピットインで、試走会から14kgの減量を達成した野村ドライバーへの交代と、3輪のタイヤ交換を実施し、最後の1時間での勝負のため、コースへと復帰していった。

その直後、チャレンジクラストップで後続に1LAP差をつけていた柏会が、ピットイン。シケインで他車と接触した際、モータコントローラを破損。シケインから惰性での帰還。ピット内に車を入れ、執念のモータコントローラを積み替えを実施し、再スタート。しかし、このトラブルにより優勝へ一歩リードから一転、優勝争いから脱落となってしまった。

残り時間が少なくなり、最後の駆け引きの時が訪れる。チャレンジクラスでは、それまで淡々と走り2位についていた、堺市立が猛ダッシュ。予選並みの4分台のラップタイムを出し、残り2LAPで40秒の差を詰め、ファイナルラップで余力を残していなかったTeamMAXSPEEDをかわし、15秒差でチャレンジクラストップでのチェッカーを受けた。
総合優勝争いのOSUと芦屋大TIGAは、一時は20秒弱まで詰めよられはしたが、詰め寄る芦屋大TIGAにOSUが反応し、最終的には、余力の残っていたOSUが昨年に続き今年も逃げ切った。優勝したOSUの記録は、天候に恵まれた事もあり、記録的にも昨年を4周上回る好記録となった。(s)

OLYMPIA/DREAM/CHALLENGEクラス 決勝結果
順位 No. クラス チーム名 車名 Laps
1 9 DREAM OSU 大阪産業大学 OSU model S' 69
2 7 DREAM 芦屋大学ソーラーカープロジェクト(A) 芦屋 Sky Ace TIGA 69
3 5 DREAM 静岡ソーラーカークラブ FALCON 59
4 2 DREAM アステカ・レーシング TABRADI-R 58
5 21 CHALLENGE 堺市立堺高等学校 科学部 SCIENCE 713 57
6 26 CHALLENGE Team MAXSPEED Flat Out 57

No.9 OSU 大阪産業大学 ドライバー須藤さん
最後に、かなり詰められましたが、天候も良く、エネルギーが温存できていたので、ドライバーの三浦さん(兄)に、冷静に対応してもらい、逃げ切ることができました。

No.7 芦屋大学ソーラーカープロジェクト(A) ドライバー野村さん
もう少しだったのに、追いつけなかった。天候が良くレーススピードが高めになると、うちは3輪なのでタイヤに厳しく、ピットインが1回多くなってしまう。この一回のロスも大きいのではないか。

NO.5 静岡ソーラーカークラブ ドライバー大嶋さん
この車は95年に翔洋工高の時に作成して、WSCを2回、ギリシャ、台湾、マレーシア、昨年は2度目の南アフリカを完走しました。なんとか3位に入れましたけど、この車は古くて、もうこれが限界ですけど、また表彰台に上りたい。

NO.21 堺市立堺高等学校科学部 エントラント山田さん
15年連続表彰台で、今回チャンジクラスで連覇。ドライバーのピンク(大田さん)も、サイコー。

NO.26 Team MAXSPEED エントラント林さん
柏会のペースについて行けなかった。さらに、パンクで2回目のピットインを強いられて、エネルギーをロスしてしまった。最後に迫ってくるのは、わかっていたが、残りのエネルギーが無く、対抗できなかった。

NO.25 紀北工業高等学校 藪下さん
今年は山田先生にやられました。来年はMAXSPEEDと組んで、打倒!堺市立で、挑みます。



Broadcasting live with Ustream

20130803 - SUZUKA 2013 Day2

関連リンク:
FIA ALTERNATIVE ENERGIES CUP ソーラーカーレース鈴鹿2013 大会公式サイト http://www.suzukacircuit.jp/solarcar_s/
OSU大阪産業大学・三浦愛が完全V - トーチュウF1EXPRESS
ソーラーカーレース鈴鹿2013、OSU大阪産業大学が総合優勝 - トップニュース l
オリンパス八王子事業場チームがクラス3連覇−鈴鹿・ソーラーカーレース4時間耐久 - 八王子経済新聞
ソーラーカーレース3連覇 神奈川・平塚工科高 - 朝日新聞デジタル

鈴鹿2013 ENJOY4耐 平塚工科高V4 2013/08/03 12:00

FIA ALTERNATIVE ENERGIES CUP 『ソーラーカーレース鈴鹿2013』。太陽電池出力が480W以下の、ENJOYクラス決勝4時間耐久。

午前7時、北寄りの風が涼しく気持ちの良い晴天の下、4時間耐久レースがスタートとなるが、予選7位で例年上位争いに絡んでくる宇都宮工業高校がスタートできず。

4連覇を目指してフロントローからスタートした平塚工科高を、1-2コーナーでかわしたのは、地元三重県松阪工業高校。松阪工高は、そのままオープニングラップを奪う。それに続くのは千葉黎明高、STEP江東、平塚工高、立命館、オリンパス。上位は5'30を切るラップ。このまま上位に付いていくかと思われた立命館大は、2周目にピットイン。ハンドブレーキの故障でピットでの修理を余儀なくされ、これで大きく後退してしまう。

その後、平塚工科は、ラップタイムを5'10前後まで上げ、5ラップ目でトップへと浮上し、このままレースをリードする。

レース序盤平塚工科に近いペースを保ったのは、千葉黎明、オリンパス。STEP江東と松阪工高、平塚工高に似た車体形状のパンダさんは、それよりも少し遅い5'30弱のペースでそれに続く。

レース中盤、各車ドライバー交代のルーティンのピットインを実施。各チームドライバー交代が終わった時点で、STEP江東は3位に浮上。このポジションを最後まで守りきりたいが、ドライバーローテーションの都合で、他車と比べて1回多いピットインを残していた。

レース時間残り1時間、STEP江東が2回目のピットインしドライバー交代を実施。パンダサンの直後4位の位置でコースに復帰するが、その直後、STEP江東はアクシデントにより3回目のピットインをすることに。この予定外のピットインで、後半に順位を上げてきていたJAGつくばにもかわされ、5位に後退してしまう。

レース時間残り30分、トップを走る平塚工科と2位オリンパスの差は1分弱、お互いタイムを微妙に上げ下させながら、腹の探り合い。天候はスタートの頃と比較して、空には日差しを和らげる程度の雲が漂う状況。

残り20分で、パンダサンが右フロントタイヤのパンクで、スローダウン。ピットインしタイヤ交換を実施しコースに復帰するが、バッテリー残量も、他のタイヤも厳しい状況。STEP江東は、これをかわしては4位に浮上するが、エネルギーマネージメント的にはこちらも厳しい状況で、結局、これ以上の追い上げはできずに、スタート4時間後の、最初のチェッカーを受けた。

優勝はペースを上げ、チェッカー提示6秒前に、46周目に突入した平塚工科高校 社会部、ENJOYクラス4連覇を達成。2位オリンパスRS(45周)、3位JAGつくばソーラーカーチーム(43周)は、新車でチーム初の表彰台となった。(s)

ENJOY I /IIクラス 決勝結果
順位 No. クラス チーム名 車名 Laps
1 60 ENJOY I 平塚工科高校 社会部 平工社会部コンセプト 46
2 101 ENJOY II オリンパスRS ORS12 45
3 114 ENJOY II

JAGつくばソーラーカーチーム

SALE EL SOL 43
4 106 ENJOY II STEP江東 えこっくる002号 42
5 70 ENJOY I 大阪府立堺工科高校ソーラーカー部 Phonix2013 41
6 67 ENJOY I 松阪工業高校 ソーラーカー部 Ptarmigan 41

No.60 平塚工科高校社会部 エントラント小澤さん
この車も長く使っていますので、実は色々と細かいトラブルが準備段階で出ていました。タイヤ交換の練習中にサスペンションに負担をかけてエササスを壊してしまい、同じものが手が手に入らなかったので左右違うサスで走っていたりと・・・。しかし、スタートしてからはトラブルもなく順調に走り、この車の元を作った白澤先生、それから先輩から後輩へ上手く技術が伝承受け継ぐことができ、4連覇することができました。

No.101 オリンパスRS エントラント山本さん
最後1時間は、少し雲が多くなり日射が遮られてしまい、追い上げるだけの余力がありませんでした。46周走りたかったけど、この車両ではこの結果がベストです。

NO.114 JAGつくばソーラーカーチーム エントラント池田さん
昨年までは池田技研工業という名前で出場していましたが、表彰台を目指して、昨年までの4輪を改め、3輪の新車を製作しました。前半は、いろいろあってペースを上げられませんでしたが、後半までペースを保ち、チーム初の表彰台に上がることができました。

ソーラーカーレース鈴鹿2013 車検/フリー走行 2013/08/02 18:30

FIA ALTERNATIVE ENERGIES CUP ソーラーカーレース鈴鹿2013(主催:(株)モビリティランド・JAF コース:鈴鹿サーキット国際レーシングコース フルコース/5.807km)。合計61台のソーラーカーが、大会初日の今日、公式車検とフリー走行に臨んだ。

午前中行われた公式車検では、今シーズン義務化された、第一(フロント)ロールバーがクリアできない車両が続出。急遽ロールバーの追加を行う等、対応に追われた。

午後に行われたフリー走行は、オリンピア・ドリーム・チャレンジクラスと、エンジョイクラスに分かれて、それぞ90分間のセッションが行われた。このセッション中の最速タイム順に、明日のスターティンググリッドが決定する。

オリンピア・ドリーム・チャレンジクラスを征したのは、昨年ポールを獲得した自身のタイムを4秒更新したOSU大阪産業大学/OSU modelS'(3'32.100)。本戦では毎年一騎打ちとなり、今年はポール奪回を目指していた芦屋大学ソーラーカープロジェクト(A)/Sky Ace TIGAは、予選スペシャルのモータを用意しこのフリー走行に臨んだが、フロントブレーキの故障(ディスクゆがみ)で、デグナーでオーバーラン。修理のためピットに戻るが、フリー走行終了までにコースに復帰することができず、モーターの実力を発揮できぬまま、フリー走行を終えた。

エンジョイクラスでは、4時間耐久レース3連覇中の平塚工科高校社会部/平工社会部コンセプトを押さえて、参戦3年目のSTEP江東/えこっくる002号が、4'42.030のタイムでポールポジションを獲得した。

明日の決勝レースは、エンジョイクラス4時間耐久が07:00スタート、オリンピア・ドリーム・チャレンジクラス決勝5時間耐久が正午12:00スタートとなる。明日の天候は、本日に引き続き、晴天の見込みで、今のところ雷雨の心配も少ない。(s)


OLYMPIA/DREAM/CHALLENGEクラス フリー走行結果
順位 No. クラス チーム名 車名 Time
1 9 DREAM OSU 大阪産業大学 OSU model S' 3'32.100
2 2 DREAM アステカ・レーシングチーム TABRADI-R 4'06.056
3 21 CHALLENGE 堺市立堺高等学校 科学部 SCIENCE713 4'28.873
4 008 OLYMPIA 芦屋大学ソーラーカープロジェクト(B) 芦屋 Sky Ace Quad 4'34.758
5 24 CHALLENGE TEAM SUNLAKE SUNLAKE EVO 4'36.520
6 1 DREAM 呉港高等学校 夢創心 4'37.022

ENJOY I /IIクラス フリー走行結果
順位 No. クラス チーム名 車名 Time
1 106 ENJOY II STEP 江東 えこっくる002号 4'42.030
2 60 ENJOY I 平塚工科高校 社会部 平工社会部コンセプト 4'45.669
3 67 ENJOY I 松阪工業高校 ソーラーカー部 Ptarmigan 4'49.471
4 103 ENJOY II パンダサンチーム 古代烏賊号ベレムナイト 4'55.115
5 71 ENJOY I 西脇工業高校 機械工学部 NTH2013 4'57.816
6 69 ENJOY I 神戸高専ソーラーカーチーム magnus2 5'.02.248

20130802 - SUZUKA 2013 Day1


▲TOPへ戻る


Copyright © 1995-2013 Zero to Darwin Project All rights reserved.
当サイトに含まれる画像・PDF等の無断転用を禁止します。
当サイトに関するお問い合わせはこちらから。