Zero to Darwin Project
NEWS
 ZDP SHOP
パーツ販売
 Wiki
BBS/LINK/EVENT
 メーリングリスト
SOLAR-PAL
 ZDPの歴史

 BackNumber〜2013春1

TOKAI CHALLENGER、ミニカーで発売 2013/04/21 10:00


株式会社タカラトミーは、ミニカーのトミカシリーズ最新作として、No.26 東海大学ソーラーカー 東海チャレンジャーを、4月20日に発売した。

車体は豪縦断レース:WSC2011年仕様を再現。スポンサー各社のご協力の下、スポンサーロゴも実車と同じものが再現されている(スポンサーロゴステッカーは同梱で購入者が自分で貼る必要有り)。

税抜定価は360円。Amazon.co.jpや楽天の通販でも購入可能で、都内では4月20日現在、ビックカメラ有楽町等の量販店で在庫が確認できた。(s)

関連リンク:
トミカ新製品情報 2013年4月発売 http://www.takaratomy.co.jp/products/tomica/new/1304.htm
朝日新聞 - 世界一のソーラーカー、トミカに 太陽光では走りません http://www.asahi.com/shopping/articles/TKY201304160271.htm

2013WEMGP初戦 袖ヶ浦 PROJECT MONOが1-2 2013/04/14 18:00


2013WEMGP初戦となる全日本袖ケ浦EVエコラン2時間レース大会(袖ヶ浦フォレストレースウェイ)が、開催された。

袖ヶ浦でのWEMGP戦開催は昨シーズンの2戦に続き、今回が3回目。しかし、WEMGP戦最大の大会である大潟村のワールド・エコノ・ムーブ開催を3週間後に控え、同大会を目指すチームは車体製作の佳境となる時期であり、さらに学生にとっては新年度のチーム体制が立ち上がる新学期早々で参加が厳しいということもあり、WEMGP史上最も少ない、わずか6台のエントリーでのレースとなった。

天候は、青い空に薄日も差すが、ほぼ曇り。午前中にスターティンググリッドを決定する20分間の予選を実施。気温20度、湿度45%、南西の強い風で強風注意報が発表されている中、正午に2時間耐久レースはスタートした。

1周目、このサーキットで開催された過去2戦連勝のFirst Step AISIN AW/つばさ54号がスピン。その際強風にカウルを飛ばされてしまい、カウルは回収するが、再スタートが切れず路肩に停止。2周目にはアヒルエコパレーシング東郷のPursiterも、今回新調したカウルを風にあおられ飛ばしてしまい停止。2台は約15分後にピットへ搬送・回収され、それぞれ再スタートを切るが、つばさ54号はスピンした際に左フロントの足回りを痛めていた為、次の周でコントロールラインを通過せずピットへ戻ると、そのまま今日のレースを終えてしまう。

コース上では、従来よりもトルクを増やした特性の新型モータを搭載したPROJECT MONO◇TTDCのMONO-X3(青)が4分を切るラップでリード。それに続くのは同PROJECT MONO◇TTDCのMONO-XX(赤)と、チームスーパーエナジー/GRIFFON。レース序盤にこの並び順が決まると、その後はレース最後まで並び順がかわることは無かった。

20130414 - 2013 ALL JAPAN EV-S ECORUN GP SERIES ROUND.1

午後2時にチェッカー掲示。強風にもかかわらず、昨年つばさ54号が出したコースレコードと同じ31周の記録で、MONO-X3が優勝。2位のMONO-XXは、最後の10分でMONO-X3に1ラップの差をつけられた。3位はさらに1ラップ遅れでGRIFFON。アヒルエコパレーシング東郷は、再スタート後のペースは上位と変わらなかったが、序盤のギャップが埋められず24周の記録で4位。チームはやぶさは、レース中盤にコース上での停止/回収後、ピットでの作業が長くかかったこともあり、11周の記録に留まった。

次戦WEMGP第2戦は、WEMGP戦最大となるワールド・エコノ・ムーブ。3週後の5月4-5日に、秋田県大潟村ソーラースポーツラインで開催される。(s)

関連リンク:
JEVRA 日本電気自動車レース協会 http://jevra.jp/
2013 World Econo Move Grand Prix http://www2.ogata.or.jp/wem/wemgp/13wemgp/13wemgp.htm

 鈴鹿2013、GaAs製太陽電池50%規制に 2013/02/17 10:00

2月16日に東海大高輪キャンパス(東京都港区高輪)で開催された、2013年電気自動車・燃料電池車・ソーラーカー製作講習会-東日本(主催:日本太陽エネルギー学会等)にて、ソーラーカーレース鈴鹿2013大会関係者より、2013年大会の開催についての概要が発表された。

開催日は8月2日(金)〜3日(土)でタイムテーブルは昨年とほぼ同様。車両規則ではこれまでシリコン系と同じ面積であったGaAs製太陽電池パネルの貼り付け可能面積が50%に制限、第一ロールバーの取り付けが義務づけられるとの発表があった。GaAS製太陽電池パネルは人工衛星等宇宙用に開発され、一般的なシリコン系太陽電池よりも変換効率は高いが価格も高価で、鈴鹿では近年トップ争いをしている2強のOSU・芦屋大が搭載している。

その他、講習会会場では、2012 WEM GP戦の表彰式や、各メーカーからのパーツ展示等も行われた。製作講習会は来週末2月23日に、芦屋大でも開催される。(s)

20130216 - 2013 WORKSHOP EAST

関連リンク:
鈴鹿サーキット2013年カレンダー http://www.suzukacircuit.jp/motorsports_s/2013schedule/
ソーラーカーレース鈴鹿(初稿時2012年情報のみ掲載) http://www.suzukacircuit.jp/solarcar_s/

 11月に福島いわきでソーラーカー/EVエコランレース開催 2013/02/17 10:00

福島県いわき市で2013年11月23日(土)〜24日(日)に、ソーラーカー/EVエコランレースが開催される。大会名称は、第一回 いわき サンシャイン ソーラーカーレース(仮称)。競技は、ソーラーカーレースが90分2ヒート、EVエコランレースは120分が予定されている。
参加申込み等詳細については現時点では不明だが、当サイトでは詳しい情報が入り次第紹介していく予定。(s)

 古河電池FTX4L-BS取扱い・特性資料 2013/02/14 23:00

ワールド・エコノ・ムーブ戦で標準的に使用される鉛電池は従来FT4L-BSが使用されていたが、2012年最終戦のNATSから品質改良版のFTX4L-BSが使われることになった。FTX4L-BSは、従来のFT4L-BSとの比較で定格容量は変わらないが、信頼性が向上したことで、記録の向上も期待されている。そのFTX4L-BSのWEMエントラント向け取扱い・特性資料が、公開された。(s)

FTX4L-BS形バッテリ 取扱い・特性資料) / FTX4L-BS-evecorun.pdf

関連リンク:古河電池 http://www.furukawadenchi.co.jp/

 東日本講習会後開宴、2013年ZDP大新年会のご案内 2013/01/31 00:00

毎年恒例、東日本製作講習会後の大新年会のご案内です。ソーラーカー、エコノムーブ、その他エコカーに興味のある皆様の情報交換の場としてお役立てください。

日時:2013年2月16日(土) 18:30スタート
会場:和風居酒屋 駒八 本店(JR田町駅徒歩5分)http://r.gnavi.co.jp/g793600/
会費:4000円(飲み放題つき)

参加ご希望の方は、2月11日(月)までに専用フォームから参加希望人数をお知らせください。皆様お誘い合わせの上、多数のご参加をお待ちしています。 (i)

>>>宴会お申し込みフォーム

追記(2013/02/1):
今年も講習会当日のお弁当の注文を受け付けます。メニューは、「色彩弁当」\1000円(ペットボトルお茶、蒸しパンつき)、「若鶏の唐揚げ弁当」\500円、「焼肉弁当」\500円、の3種類。ご希望の方は、宴会お申し込みフォームの備考欄に、ご希望のお弁当種類と数量を記入してお申し込み下さい。締め切りは2月14日(木)でお願いします。

 新春特別企画 - ZDP座談会2013 2013/01/01 00:00


新春特別企画、ZDPメンバーが1年の活動を振り返る『ZDP座談会』。ご意見・ご感想・苦情は、こちらからお寄せください。(s)

>>> 新春特別企画 - ZDP座談会2013


▲TOPへ戻る


Copyright © 1995-2013 Zero to Darwin Project All rights reserved.
当サイトに含まれる画像・PDF等の無断転用を禁止します。
当サイトに関するお問い合わせはこちらから。